印刷現場のいいね!

おはようございます!
昨日はお彼岸でしたが、皆さんお墓参りされましたか?
雨だったので、ちょっと都合の悪かった方もいらっしゃるかも知れませんね?
しかし、私たちは母親を誘って予定通りお彼岸の墓参りに出掛けてきました。その中で素敵な気配りの出来るお店をご紹介したいと思います。

お彼岸用のお花を購入するのに、近所のドラックストアに行ってきました。石川県に本社のある一部上場の会社です。そう先日ご案内した外食チェーンは良くない事なので会社を出せませんが、今回は社名をだしますが「クスリのアオキ」の高木店です。

お花を購入してレジで会計時に

短く切りましょうか?

このようにちょっとした気配りをしてくれました。対応してくれたのは女性のT内さんという方ですが、このお店のスタッフさんは、教育をされているのか全体的に女性から声を掛けてくれることが多いと思います。もちろん、トイレも綺麗で、いつ誰が掃除しているのかも、「チェックシートが見える化」されているんですよ?おそらくすべての店舗で。。

「声を掛けて欲しくない」「うっとうしい」

このように感じる方もいるかもしれませんが、片言なのでさり気無いコミュニケーションだと思います。


さて今回は、スキットの製造現場で行っている私が「いいね!」と思えた「見える化」をご案内したいと思います。


こちらは、製造部の印刷課で行っている活動です。印刷で使われているインキを棚に置いて利用しているのですが、写真撮影に合わせて正直体裁よく並べ直そうかと思いましたが、そのまま撮影させてもらいました。

何かお気づきの方いますか?

○と赤く書かれているので、すでにお分かりだとは思いますが、実はインキの1缶あたりの購入金額」が書かれています。会社で利用する材料というものは、コスト意識が低いと「タダ」みたいに考える方が多いようですが、このように金額が書かれていると「大事に使おうという啓発」」に繋がります。

デメリットとしては、出入りする業者の方や見学で来られた方に単価が知られちゃうのはデメリットですが、社内の啓発に繋がれば良しと考えてます。

あとは商品の「前だし」も「いいね!」ですね。後ろに新しいものを置き手前にある物が古いもので、適度なタイミングで前だしして使いやすくしている点です。

今日は印刷部門の「いいね!」お伝えししました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です