薪、出来たぞ~と連絡

薪のある生活で週末は、ゴルフよりも薪いじりで楽しんでおります。
ダメもとで、親戚の「叔父」に「薪ストーブ」買ったから薪が欲しい~とリクエストしたら…

「みっちゃん、近所の人から薪もらったよ~取りに来いや~」
と電話もらえました。乗用車で来たってあかんぞ!と言われ、
どんだけあるんだろ?とちょっと期待しながら行ってみると

暮見の薪
小屋の側面に綺麗に並べられているではないですか…それも1回では持って帰れない量です。なんか嬉しい(^^♪

暮見の薪
叔父が一緒に車に積み込んでくれたのですが、木の良い香りします。
ナラ・さくら・ヒノキ・杉のミックス品です。次の冬には乾燥が足りなく使いにくいのですが2年後の冬には燃料の薪として使える在庫が増えました!

もう一回引き取りに行かないといけないんだよな~(-_-;)
嬉しい悲鳴です。

斧のある生活。。

最近は、欲しくなるとモノを衝動買いしちゃってる気がする。
にしろ、薪だな×1号薪だな×2号にしろ…実はブログで紹介してないけど薪だな×3号もある…

さて先日の薪割り×初体験薪割り×2回目では、斧を使って薪割りをしていたのですが、ちょっと簡単な斧を使って自宅でも小さな薪を作ってみたい。こんな欲望に負けました。


OYO(オヨ)という「ノルウェー」の斧メーカーの斧を購入してみました!


しっかりとした「斧」なのですが、初心者なので木の柄をすぐ壊してしまうかも。
この斧(トールくんといいます)の仕事ぶりを今度ご案内したいと思ってます!

薪のある生活、

先日購入した薪は、ほったらかしNGなので片づけないといけません。


ゴールデンウィークに手作りした「薪棚1号」にセット完了です。1/3くらい積んでちょっとグラグラするなぁと思っていましたが、積載するとシックリきました。
ちなみに私の身長を超えて2Mほどあります。


日曜日には、山奥で行う「薪×友の会」で薪割りの肉体労働を行ってきました!
途中薪割り機が壊れるというハプニングがありましたが、私はひたすら斧を振り上げて薪割りを行って早速気持ちよい筋肉痛です。


帰宅してからは、妹の山で散乱していた杉の木を先日持って帰ってきたので、


チェンソーで4つきりにしてみました!工具って便利です。今回利用したのは、借りてきた電気チェンソーでしたが、山奥で利用するには、やはりエンジン型?を買ってみようかな…

薪割り体験に行ってきました!

薪割会
自宅から近くではないのですが、薪割り体験会の情報を得て行ってきました!
現地は、スキー場駐車場跡地で杉の丸太がゴロンと並べられてました。

薪割会
募集枠は20名ですが参加者は7・8名であとは職員の方が5名ほどです。
福井県でも池田町にて同じ薪割り会を行っていたようですが、今は活動していません。参加者は、チェンソーを使って丸太のように切る人がいたり、丸太のように切られた木を大きく割いていく人に分かれます。

薪割り機
私は、丸太に切られたものを薪割り機に乗せ割いていく仕事を行っています。
まぁまぁ大きな薪割り機なのですが、私がデカいからか機械が小さく見えます…

チェンソーでたま切り
こちらは、チェンソーで切っている人です。カッコ良いですね~
若い木なので、木くずや汁がズボンにつかぬよう前掛けのような物をしてます。

薪割り
斧を貸してもらい薪割り初体験の写真です。色々な基本があり、これだと斧を振り下ろした時に失敗すると私の右足に落ちてくるので足は広げた方が安全と教わりました!
確かに!その通りですね。大けがしたら大変ですからね~

おかげで朝から筋肉痛です…

薪を積み直ししてます!

毎日「薪」の事を考えてまして自宅に帰ると薪だな×2号に並んだ「薪」を眺めてニヤニヤしてます。ほんと変な人です…

薪だな×2号に並べた未乾燥薪を早く乾燥させよう!という目的に行きつきました。
※業者の方は、半年は乾燥させているといってましたが、薪ストーブで利用するには、ある一定以上の乾燥(一般的には、20%未満)が必要となるようです。通常の乾燥で1年とか2年とか・・・ちなみに燃えないことは無いのですが、煙が多かったりススが出て煙突掃除のメンテ費も高くなるそうです。


っという事で、薪だな×2号に積んであった薪のPPバンドを解き再度積みなおすことにしました。実はただ積みなおすわけではないのですよ~


必ず皮のある方を下面にして薪積みすることで、乾燥しやすいそうです。どのくらい違うのか…


こんな風に薪を日光浴させて乾燥を促進させてます。また週末に薪をいじくるのが楽しみです。

薪だな 2号

前回の「薪だな×1号」に続き、
新たな「薪だな×2号」を設置する事にしました!


これは、Before 写真です。
前回の薪棚は、お洒落に装いまして来月来る「乾燥薪」を置く予定です。
乾燥薪は、次の冬に使えますが、未乾燥薪は、来期の利用となります。


今回の「薪だな×2号」へは「未」乾燥薪を置く事にしました。別売りで帽子のような茶色いカバーを購入しましたが、役に立たなさそうで、何か考えようと思います。


この写真は、越前市のタニグチ商会で、2月に乾燥薪をまとめ買いをしたものですが、今回の未乾燥薪の方が明らかに量は多そう…


先日妹が所有する「やま」へ行ってきたのですが、わらび のようなお化け植物をみかけました!わらびなら、食べ応えあるなぁと見てましたが、茎にトゲトゲが出ているのでシダ植物かな?

薪だなを作りました!

ゴールデンウィークには、社内朝礼でも宣言していたのですが「薪ストーブ」用の「薪だな」を作る事にしました!

薪棚2022年製
ホームセンターで2×4の木材を購入してきました!この材料だけで仕上がるのか心配ですが…

薪棚2022年製
そのままの木材だと傷みやすいので、茶色く仕上がる保護塗料も購入してきました!

薪棚2022年製
半日で茶色い塗料を塗ります。翌半日でここ迄(屋根なし)組み上げました!
あとは、屋根を設置するだけです!

薪棚2022年製
これが完成形です。35センチの薪が一列で置けるように無事完成しました!
右に倒れるんじゃない~なんてお声を貰いましたが、結構な剛性を確保できているので私は今回補強は無しで行こうと思っております!

薪棚2022年製
今回こだわったのは、フランス製「オンデュリン(Onduline)」の屋根材です。
波板でも良かったのですが、少し洒落たもの使いたいなぁと思ってこうなりました。

あとは「」の調達です。早く並べてみたいです!
またご紹介したいと思います!

薪の買い出しに行ってきました!

JOTUL
薪ストーブを購入して約1か月経ちました。週に1回程度の利用と考えていましたが、あると使いたくなるものです。今のところ週末の土日と2日以上使っております。

薪設置前
そうすると、困ってくるのがストーブで燃やすための材料「薪」なのです。ストーブを購入店から10束をプレゼントされましたが、2・3日で燃焼し灰と化します。
それ以後は、週末にホームセンターに行って買いだしてきました。

タニグチ商会
県内で「薪」を販売しているお店を探して初訪問してみました。主は林業作業者向けに仕事をされている会社のようです。

薪用斧
お店の中には、このようなコンパクトな「斧」も並んでいました。

薪を積み込む
車に薪を一杯積み込んで、約300kあるそうですが、そんなにあるかな…

薪設置前
薪設置×①
薪設置×②
1カ所では載せきれなかったので2カ所に分けて薪の在庫が完了しました。この2カ所で今月2月分は、何とか持つか?と予想してます。

目玉焼き焼いてみました!


週末は、先月購入した薪ストーブで遊ぶのが日課になっております。


薪ストーブの中が完全に炎で充満してくると壊れない?大丈夫?と家族から言われますが、このストーブは、鋳物で出来ており安心してみて居られます。


天板の上に温度計も置いて確認して使っています。赤いメーターの320度以上になった事は一度もありません…寒い冬にはあり得ないかも。


250度を超えてくると、生卵を割って実験してみました。


今回は、蓋をしましたが、しっかり火も通ります。


ソーセージとほうれん草にもしっかり火が通って、


美味しそうな、朝ごはんが、出来上がりました!

薪ストーブの火入れ

我が家にやってきた「薪ストーブ」ですが、初めて一人で火入れする日がやってきました。前日には、散髪屋さんが火入れに立ち会ってくれましたが、今回は一人でわくわくしてます!

薪ストーブ
メラメラと炎が上がっていますが、よく見ると…火力弱いです。

薪ストーブ
拡大写真です。ゆらゆらした炎でかっこ良いけど「不完全燃焼」してそうです。

次回撮影時には「火×ごーごー」した写真をアップさせてもらいます。

薪ストーブの煙突
煙突からモクモク煙があがる姿です。雪も降っていたのでいい感じです!

じゃがいも
ここからは「食いしん坊日記」です。じゃがいも、

たまねぎ
たまねぎ、

にんにく
こちらは、大粒の「にんにく」、

炭火状態の薪ストーブ
ストーブの中は炭火状態のなか先ほどの「野菜」を並べてみました。

じゃがいも炭火
散歩に行っている間時間としては、20分ほどで「じゃがいも」は、ホクホクの状態に

じゃがいも炭火
玉ねぎも、とろっとろ になっていました。

にんにく炭火
にんにくは、・・・炭化してしまいました・・・

週末は、薪ストーブっで火遊びが続きそうです。

スキット社員日記は、こちら