お盆休みには、

おはようございます。
今年のお盆休みには、1日多めに休みを頂いて母と一緒に妹の住んでいる「イギリス」に行ってきました。

「イギリス」は、印刷学校時の研修旅行で2日だけある自由時間を使い、夜中出発でドイツ/フランクフルト駅からパリ経由ロンドンへ弾丸スケジュールで行ったのを覚えてます。確かユーロスターでは、いくつも国境を超えるのでなのか拳銃を装備した警察官が車内を往復してました。


今回は羽田空港から12時間かけ「ロンドンヒースロー空港」に到着です。
ヒースロー空港の第一印象はデカい空港!。日本の空港は、凄く清潔で綺麗なのですが、外国のスケールには圧倒されます。日本国内の空港は、ハブ空港として今さら勝負する時代ではないのかもしれません・・・


最初に連れて行ってもらった外国人も数多く行くと言われる「バートンオンザウォーター」地震が無いからか、昔ながらの街並みも残存してのんびりできます。


場所が変わり、この写真にピンと来た方いらっしゃいますか?

ハリーポッターで使われていた9と3/4ホームです。このカート前で記念撮影もできますが、1時間は待たないといけないほどの長蛇の列です。個人的にはパンでもかじりながら待っても良いのですが、妹の性格上ダメらしいです・・・


先ほどのハリーポッターでも使われる9と3/4ホームがある「キングスクロス」駅は、凄ーく大きい駅でした。駅地上へあがるとすぐ隣にはこんな風景です。イギリスも、車は左側通行ですが、スピードの単位はキロではなく、マイル(キロ=マイル×1.6)です。


先ほどの茶色い駅は「セント・パンクロス駅」といってユーロスターの終着駅となります。天井が高くて開放的です。ちなみに黄色い電車がユーロスターです。


ロンドンでやってみたい事のひとつに「ロードバイクで走る事」でしたが、条件が難しくて、今回は街乗り自転車「サンタンダー」を借りて街ぶら(ポタリング)です。1日2ポンドで、市内に点在している駐輪場なら使い放題です。


場所が変わり、この写真にピンと来た方いらっしゃいますか?

そうです。ビートルズのレコード盤ジャケットに使われた「アビイ・ロード」です。
たまたま帰りの2階だけバスでも通ったので、バスから撮影したものですが、沢山の観光客がこの横断歩道で撮影をしていました。


場所を変えて、EU内で一番高い建物と言われる「ザ・シャード」からテムズ川を撮影しました。目の前に見える橋は「タワーブリッジ」です。
※「タワーブリッジ」は、キン肉マン/ロビンマスクが使っていた必殺技です。

イギリスは、北海道と同じくらいの天候だと思っていましたが、札幌より北「樺太」と同じくらいの緯度になるらしいです。

しかし私たちが訪問する前の週には、イギリスでも30度を超える日もあったとか。
私たちが訪問した時には、いつもの気候に戻ってなのか昼は半袖朝晩は、冷えるので長袖が必需品と感じました。

夏が一番良いかと勝手に判断してましたが、現地人に聞くと5/末か6月が一番緑も多く綺麗で最高だとか・・・なかなかその時期には、旅行する事は、叶わないでしょうが機会があれば是非再英してみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です