8月のスタート

今日から8月のスタートです。2・3日前から夏を想像させる入道雲が発生し九州四国で梅雨明け、昨日は近畿で梅雨明けが発表され、今日には北陸地方においても梅雨明けが発表させるかもしれません。

天候においては、春夏秋冬必ず前に進んでいますが、
コロナウイルスが及ぼす経済不況においては、いつ回復するのかも目処が立ちません。当社においても大きく影響を受け損益分岐点を下回り赤字を累積しています。

経営者として考えるのは、全員が共倒れにならぬように固定費の削減を考えます。3年間お世話になった顧問の先生×2名との契約も解消し、役員給与の減額や家賃交渉も行いました。
引き続き売上げや加工高が見込めいないのであれば、最悪、売上にあった固定費にするため次の段階も検討しないといけません。
営業は、売り上げ確保につながる活動、現場においては、加工高につながるよう外注に出さない内製化であったり、コスト増につながる時間外作業やミスを起こさぬよう部署の幹部と「蜜」にホウレンソウをに行なってください。