スキット社外報(VOL.8)

おはようございます!
お天気サンサンお天気サンサン

スキット株式会社では、お客様とのコミュニケーションツールとして年に数回ではありますが「社外報」を発行しております。社外報委員会のスタッフが主体となって今回は、冬号(VOL.8)を発刊してくれました。自分達で中身を企画して作り上げる事って非常に面白いですし、今回も中身が充実しております。当社営業やWebからの資料請求で送付物に同梱させて頂いております。どうぞご覧頂ければと思います。今年は、「スキット×フェイスブックページ」でも、リアルな情報として発信を行いました。

スキット社外報08_omote

今回の表紙を飾るのは、環境委員会のメンバーです。何か改善したい事があるとすぐ「環境委員会だ!」そんな風にストライクゾーンが広い委員会だからこそ、いろいろな企画や経験ができたのではないでしょうか?一年間この委員会で実行できたこと、貴重な経験でしたね。
とびだすピスケ2とびだすピスケ2

社外報2016syagai8-2

裏面では、外国人のインターンシップ生×2名の受け入れを行い本人たちの紹介をさせて頂いております。また、部門の異なった5名が集まって食事会を行う「五人会」の様子や、あとがきには、一年間の締めくくりを社外報委員会がひとり一言づつコメントしてくれております。

スキット社外報 バックナンバーもございます。
下記をクリックすると、閲覧可能です。
VOL.7)(VOL.6)(VOL.5)(VOL.4)(VOL.3)(VOL.2)(VOL.1

スキット×社外報を発行して、2年が経ちました。初版は完全に私の好きなように記事を編集させてもらいました。創刊した時の「思い」は、2年経っても変わっておりません。インターネットを活用した仕事のスタイルにどんどん変化してきたスキットですが、お客様とはアナログの「フェースツーフェース」を大事にしていきたい。こんな思いです。次回のVOL2からは、社員へそのまま思いを伝え引き継ぎました。
社外報の内容も委員会の中で自由に検討させ体裁は、作りやすいよう初回のテンプレートに沿って進める事で手軽に制作ができるようになっております。「ものづくり」って形になるともの凄く面白いものです。社外報委員会に携わった社員が、まずは小さな一歩かもしれません。そのような小さな経験でもコツコツと計画的に積み重ねると大きな一歩以上の経験や結果となってくれることを期待して信じています。

社外報委員会のみんなには、1年間よく頑張ってくれました。
そして来年には、また新しいメンバーにて新たな企画に臨んでもらいたいと思います。