白山登山 初日

先日の土日には、何をするにも最高の天気でしたよね?
私たちは、今年二回目(前回はこちら)となる白山へ行ってきました!


まずは、バスが出発するまでの待ち時間に「一ノ瀬」にて登山届も提出します。


初日 観光新道~黒ボコ岩~南竜山荘(宿泊)
翌日 室堂~御前峰(ご来光をみる)~室堂~お池めぐり~砂防新道
にて下山予定となっております。


自宅や会社で雑用をしていたのもあり登山口となる「別当出合」を出発するのは、13:20になってしまいましたが、日が暮れる前に到着大丈夫なのでしょうか・・・


先ほどの写真にもありましたが、1300年の記念襷(タスキ)が別当出合と室堂には準備されています。別所出合と室堂を襷でつなぐっていう事です。襷には、自分の名前も書くのですが、前回は忘れちゃったので今回はしっかりと持参しました。


出発した「別所出合」から1時間ちょっとの「慶松平」というポイントです。
天気も良く、うちの奥さんは超ご満悦です。通常は、100分かかる所を70分にて上ってきたようです(14:30 別当出合から70分)


登山道が岩と岩の間を通るというポイント「仙人窟(せんにんいわや)」です。
奥さんは、まだまだ撮影のポーズを取ってくれるほど余裕のようです。
(15:00 別当出合から100分)


ここは「蛇塚」というポイントです。紅葉もだいぶ進んでいます。このポイントへは多少遅れ気味かと感じているのですが、本人は足が上がらなくなってたそうです。
(16:30 別当出合から200分)


ここは別当出合から白山室堂に向かう際「観光新道と砂防新道」という登頂ルートの合流地点「黒ボコ岩」です。周りには登山者はほとんど見なくなっております。空は青く見えますが、だいぶ暗くなっております(16:40 別当出合から210分)


「黒ボコ岩」から砂防新道を下りてきました。この場所は夏だと草花が綺麗に咲いている所ですが、今では秋色に色づいています。下りと早く南竜山荘に急がないといけないのでかなりのハイペースです。右の写真は、南竜山荘に向けての分岐点です(17:10 別当出合から240分)


先ほどの南竜山荘に向けての分岐点から5分程歩くと目的の「南竜山荘」が見えてきました!目的地が見えると何とか到着するので、あとはゆっくり行こうか・・・と余裕が出てきました(17:15 別当出合から245分)


足が上がらないとご機嫌斜めだった奥さんもあと少しという事で笑顔が復活してきました。良かった良かった(17:20 別当出合から250分)



南竜山荘まで残り5分となるポイントです。西日が差して山が色づいた様子が更に映えて見えます。南竜山荘の写真をお見せしたかったですが撮影するのを忘れてしまいました。南竜山荘への到着は、17:40 別当出合から270分となりました。

南竜山荘では、到着後すぐに夕食を食べました。20:30が消灯時間という事ですが、何もすることはありません。2段ベットの部屋で薄っぺらい毛布3枚を握りしめて19:00には眠りにつきました。なかなか寝つきが悪かったですけどね(#^.^#)

翌朝は、御前峰にてご来光を見るために朝早めの出発予定です。

夜叉ヶ池 行ってきました! その3

こんにちは。
まずはブログアップのお詫び(言い訳)になっちゃいますが、時間を作る事って難しいですね・・・ブログの優先順位を「最重要課題」に考えていればよいだけの話ではありますが、残念ながら七つの習慣でいうと「第二領域」に位置づけている時間を増やせていません。もっと意識して行動していかねばならないとなぁと反省から今日のブログ始まりです・・・

さて、先日の「夜叉ヶ池 行ってきました!」の続きです。
その1をご覧になっていない方は、こちらをご覧ください。
その2をご覧になっていない方は、こちらをご覧ください。

夜叉ヶ池200

あと、「夜叉ヶ池まで200m」の看板が見えてきました。はやく「ゴール」に到着したい!
皆が焦って先を急ぎます・・・・(11:45)
ルパンルパン

前回はここで「その2」を終了しておりました。

夜叉ヶ池1148

「夜叉ヶ池200m」の看板を通り過ぎれば、もうすぐです。
最後にこのような笹の葉が生い茂っている場所を通り過ぎます(11:48)

 夜叉ヶ池

そうすると、すぐに目的地「夜叉ヶ池」に到着です。
予想していた通り残念ながら木々は丸坊主になっていました・・・(11:53)

img_3258

「夜叉ヶ池」は、福井県側と岐阜県側から登る事が出来ます。岐阜県側からは夜叉ヶ池を見下ろす事が出来て、このように見えました。

img_3413

お昼ちょっと過ぎに頂上に到着しました。皆の食料をリュックにしょってきてこれからは、楽しいランチの時間です。魔法瓶にお湯を入れてきたので「コーヒー・味噌汁・コーンスープ」を飲みながら楽しいひと時です。(12:20)

img_3417

素敵なスマイルは、夜叉ヶ池を守る森林管理局の方です。
記念撮影をお願いしました。

img_3419

参加者全員で記念撮影です。夜叉ヶ池まで誰一人として怪我せず無事にあがることが出来ました。感謝です!(13:00)

さて、ここからは下山です。
下山は、営業のS主任にお願いしました。やはり性格が出ますね・・・
それでも、私は自分の世界に入って撮影を楽しませてもらいました。

苔の写真を撮影したり、

img_3261

安全を祈願する石ころを撮影したり、

img_3408

沢で飲み水を確保するみんなを撮影してみたり、

img_3411

女子たちが「どんぐり」集めてるところを撮影してみたり、

img_3443

こんな紅葉が綺麗な場所でポーズしてくれる奥さんを撮影したり、

今回の「夜叉ヶ池登山」は、ものすごく楽しかったです。
次回は、新緑の季節にまた登ってみたいと感じました。

FBには、掲載しておりますが、解像度は良くありませんが
動画」もこちらからご覧いただけます。

夜叉ヶ池 行ってきました! その2

こんにちは。
昨日はブログのアップができず、楽しみにされている方?
ちょっと時間の使い方が下手でこのようになってしまいました。お詫びいたします。

さて先日国から補助金を頂く予定の省エネ機器(空調+照明)の工事が週末に終わりました。これですぐ補助金がもらえるという訳にはいきません。実は採択後には、
①工事中
②工事後
③工事後の省エネ計算 こういった物を写真と指定の書面を使って作る必要があります。

こういった部分は正直慣れもありますが、正直お勧めできません・・・
今回70万程の補助金をもらうのにこれほどまでの手間を考えると・・・
しかし途中で投げ出すわけにもいかないので、キチンと後始末も行い採択された補助金を頂こうかと思います。

グチっちゃいましたね・・・

さて、先日の「夜叉ヶ池 行ってきました!」の続きです。
前回をご覧になっていない方は、こちらをご覧ください。

夜叉ヶ池残1500m

やっと看板が登場です。池まで「1,500m」です。一応距離は半分到達してますが、ここからはしっかりと登山を堪能することになります。(10:41)

ここで、前回は終わりました。
残り1500mの地点まで約40分かけて登ったことになるので、あと80分登る必要があるわけです。

夜叉ヶ池中間休憩

もちろん、私たちも獣のように体力が余っている訳でもなく、ずっと登り続けるわけにもいきません・・・30分に一度は休憩を取りながら登って行ったのでした。先頭のリーダーが上手にメンバーを見渡しリードしてくれたのもあったと思います。ちなみに、登りのリーダーは、ピンクの人でした・・・(10:52)

夜叉ヶ池11:00

残り1500mを過ぎてからは、このような木の根っこが続く道を歩いたり、そこそこの勾配のある道を登りつめたりします。これは上から見下ろしている写真なので分かりにくいですが、私は登山用の靴を履いていたのもありますが、キョロキョロ紅葉を見てたのでよく躓きました。(11:00)

夜叉ヶ池残1000m

やっと次の看板「夜叉ヶ池まで1000m」が見えてきました。もちろんここでも休憩を入れて先を急ぎました。(11:09)

白崎さんの後ろ

私は一番後ろでみんなの状況をチェックしながら周りをキョロキョロ(11:14)
目目

夜叉ヶ池残500

この看板を見つけた時には、皆が歓声「あとちょっと!」(11:35)
OKOK

夜叉ヶ池1138

しかし、先ほどの「あと500m」の看板でも感じましたが、すでにこの高度では紅葉は終わっているようです・・・(11:38)
笑い泣き笑い泣き

夜叉ヶ池200

あと、「夜叉ヶ池まで200m」の看板が見えてきました。はやく「ゴール」に到着したい!
皆が焦って先を急ぎます・・・・
ルパンルパン

残念ながら今日はこのへんで「おしまい」それでは、また。

夜叉ヶ池 行ってきました!

こんにちは。
週末には、ちょっと楽しみが待っています・・・
それは、毎月行われている「ええくみ会」がある事です。「ええくみ会」って何かって?
会長夫妻と私たちで食事に出かけるのです。それぞれの名前の頭文字を取って「ええくみ会」
会費は、すべて割り勘で毎月幹事を回していきます。そして今回は、私が当番です。
フォーク フォーク

さて、先週の日曜日には「夜叉ヶ池」へ行ってきました。いつも夏に行く事が多いのですが、今回は、紅葉を期待していく事に決めました!

「夜叉ヶ池」の行き方は、北陸道「今庄インター」を下りて365号線を越前市内とは逆の県境の方に走って行きます。看板などの目印として、「広野ダム」を目標に進むと分かりやすいです。今回は、ゲストが居るので私の車ともう一台で現地に向かったのでした・・・

夜叉ヶ池さる1

日野川に掛かる新河原橋(南条郡南越前町)の手前で、前の車が停車しているのと歩道にいるお年よりも立ち止まっているのです・・・なんだろう?近づいてみます。

夜叉ヶ池さる2

なんと、ボスざる?らしき大きなサルが周りに来るサルを蹴散らしているではないですか・・・
びっくりびっくり

夜叉ヶ池さる3

体の小さな子猿は、こんな感じで鉄格子を「にぎにぎ」してビビってました。
猿も小さいと可愛いですが、さっきのボス猿は、体が大きくてものすごく強そうでした。
さて、そんなアクシデントは、そっとして現地に向かったのでした。
くるま。Rくるま。R

夜叉ヶ池登山口

アスファルトの道路から砂利道を走りながらやっとの事で到着です。
登山道にはトイレが無いので、写真の右側に見える施設でトイレを済ませる必要があります。
登山道から走ってきた来た道を撮影しましたが、天気も良く非常に山が映えて綺麗です。
(9:43)

夜叉ヶ池登山入口2

夜叉ヶ池登山口にて私以外の参加者で記念撮影をしました。
これから先がどのような難易度なのかを知らないので、皆ニコニコしてます・・・(9:54)
ちなみに距離3kを2時間かけて登ります。
OKOK

夜叉ヶ池登山10分

まだ登山口近くには、このように笹などの緑が多少残っております。
ハイキング気分で歩いているので意外と皆さん早かった気がします(10:02)

夜叉ヶ池16分

登山口から見渡す山際は、しっかりと紅葉が進んで楽しめます。(10:08)

夜叉滝

左に「夜叉滝」が見えてきます。滝壺が見えますが、残念ながら近くまで行く事は難しそうです。(10:20)

掛け橋

「夜叉滝」を通り過ぎると、いくつかある掛け橋のひとつが登場します。ホントこの辺は、ハイキングとして楽しめます。(10:23)

とちのき

川裾を歩いていくと次は右手に大きな「トチの木」が見えてきます。
物凄く古そうですが、樹齢は残念ながら分かりません・・・(10:28)

夜叉ヶ池残1500m

やっと看板が登場です。池まで「1,500m」です。一応距離は半分到達してますが、ここからはしっかりと登山を堪能することになります。(10:41)

ものすごく、長くなりそうなのでとり急ぎ「夜叉ヶ池 第一弾」 おしまいです。
明日は、「夜叉ヶ池 第二弾」コメント続けさせて頂きます。