Web発注特典実施中です!

おはようございます。
今日はあいにくの雨模様ですが、三連休の方も多かったのではないでしょうか?連休共に素晴らしいお天気だったのではないでしょうか?
私は、土曜日だけお付き合いのゴルフに参加させてもらい日曜日には、京都宇治で行った社員研修の決意表明の立ち合いと迎えに行ってきました。今日の営業内での朝礼でも話をしましたが、参加し経験や情報を得るという「入力」が目的になるのでは「勿体ない」です。いかに自分を変化(出力)させて行けるのかが最も大事だと思いました。また参加している私自身にも改めて「喝」が入ります。社員の本気を見て「こころ」打たれない経営者はいないでしょう。。もっと私も頑張らねばですね!

禅寺特訓道場20170318

「本気」で取り組みことって大事です!今回の参加者の「変化」に期待したいと思います。

スキット株式会社では、6つの専門店で成り立っております。

ポケットフォルダー専門店

紙製の資料を挟み込むのに便利な「ポケットフォルダー」の専門店。
昨年の2016年には、年間で748件のお客様から合計633,339部のご注文を頂けました。累計で3,113,000部の制作実績となりました。

選挙ポスター専門店

選挙の掲示用に貼られる「選挙ポスター」の専門店。
2015年の前半と後半に行われる春の統一地方選挙では、346件140,865部のご注文を頂けました。2年後にある次の統一地方選挙に向けて企画の充電です。

圧着DM専門店

そして、これからスキットを担っていく「圧着ハガキ」を中心とした圧着DMの専門店。2013年から2016年の4年間で、24,453,305部の圧着DMを制作させて頂きました。なかなかの実績でしょ?

ノベルティー専門店

地元のゆるキャラやイベントを盛上げてくれるオリジナルの「ノベルティー」を作る「ノベルティー制作専門店」。環境に優しい紙製のオリジナルノベルティーで手軽に短納期にて仕上がります。

封筒印刷専門店

仕事で利用していない会社はないのでは?「封筒印刷」の専門店です。
既成の封筒からの印刷や完全オリジナルのデザイン封筒もお洒落でお勧めです。

最後に、都心部では広告ツールとしては外せない「車両広告」の専門店。
電車内の広告は、どんどん動く電子メディアになってきていますが、アナログの広告メディアも外せない存在です。

その中で「選挙ポスター専門店」や「圧着DM専門店」で先に「Web特典」を導入を開始しております「会員登録」後に「キャンペーンコード」を入力すれば、割引が適用になるという「割引特典」を実施しますので★「hurry up!」★

選挙ポスター専門店の「会員登録コーナー」と「キャンペーンコードの使い方
圧着DM専門店の「会員登録コーナー」と「キャンペーンコードの使い方

他専門店でも、続々更新してまいりますので。。

圧着ハガキがお試しできます!

おはようございます!
皆さんの会社や自宅には、ダイレクトメールがどの位届きますでしょうか?
うちの会社自宅が隣り合わせという事もある、会社にダイレクトメールが一気に「どーん!」と届きますが、届いたダイレクトメールを皆さんは、見ていますでしょうか?
私は仕事柄「どんなの来ているのだろうか?」そんな目線で情報収取が目的で見ております。何か良い部分があれば吸収(真似)しようという事で・・・その中で意外と増えているのが「圧着ハガキ」です。手軽に行える販促ハガキという事で、1通@52円で送れるのは、敷居が低いのだと思います。その中でも、圧着加工が施されたものは、めくった時に「メリメリ」という感触があるので、相手に「印象」を残すという事をご存知でしょうか?

その反響を、1000円で試してみませんか?

圧着ハガキ Vお試し

初回お試し「1,000円」です。

発送の運賃だけは、お客様より頂戴して、圧着ハガキの印刷を「テンプレート」からのデータ入稿で両面カラー印刷を行い、1,000部まで「1,000円」という料金形態となっております。最少ロットも100部からご用意しているので、1,000部も必要ないというお客様にもお試ししやすい環境です。

・圧着ハガキのお仕事を依頼するにしても、「圧着DM専門店」に初めて依頼するのでどのような仕上がりになるのか心配だ・・・
・初めて「圧着ハガキ」を作ってみようと思うので割安な「お試しプランってありませんか?」

このようなお客様のリクエストに応えさせて頂く事になりました。
ニコニコニコニコ

圧着ハガキを一度ご覧になりたい方は、「資料請求」よりサンプルの送付も可能です。どうぞ手に取ってご覧ください。お蔭さまで2017年3月も月間にて圧着ハガキ制作600,000部の制作実績となり「圧着DM専門店」毎年順調に成長しております。

お客様に今までは、定形ハガキでダイレクトメールを送付されていた「小売店様」圧着ハガキという「ちょっと変わったハガキDM」で反応率を上げてみませんか?

 

圧着ハガキのお試しプラン!

おはようございます!

スキット株式会社では、印刷に関わる複数の事業を展開しておりますが、その中にダイレクトメールに関わる事業がございます。その事業は、Webを中心に展開を行っており「圧着DM専門店」とよんでおります。

圧着DM専門店登録商標

このように日本国内で「商標登録」も行っております。

今回「圧着DM専門店」においていくつかのお試しプランを扱う事に相成りました。

圧着ハガキ Vお試し

初回お試し「1,000円」プランということで、

発送の運賃だけは、お客様より頂戴して、圧着ハガキの印刷を「テンプレート」からのデータ入稿で両面カラー印刷を行い、1,000部まで「1,000円」という料金形態となっております。最少ロットも100部からご用意しているので、1,000部も必要ないというお客様にもお試ししやすい環境です。

・圧着ハガキのお仕事を依頼するにしても、「圧着DM専門店」に初めて依頼するのでどのような仕上がりになるのか心配だ・・・
・初めて「圧着ハガキ」を作ってみようと思うので割安な「お試しプランってありませんか?」

このようなお客様のリクエストに応えさせて頂く事になりました。
ニコニコニコニコ

圧着ハガキを一度ご覧になりたい方は、「資料請求」よりサンプルの送付も可能です。どうぞ手に取ってご覧ください。お蔭さまで2017年3月も月間にて圧着ハガキ制作600,000部の制作実績となり「圧着DM専門店」毎年順調に成長しております。

お客様に今までは、定形ハガキでダイレクトメールを送付されていた「小売店様」圧着ハガキという「ちょっと変わったハガキDM」で反応率を上げてみませんか?

2017年の名刺

おはようございます。
来月末にある東京マラソンにエントリーを予定しているので、最近チョクチョクとランニングをしているのですが一向に体が強くなった気がしません・・・1時間走っていても楽に走れるように成れるわけでもなく・・・ずっと苦しい・・・いつ変わってくれるのだろうこの体・・・
><><

あえて言うなら、少しだけ体が強くというか健康に成っている気もする

この時期は風邪をひいて喉を痛めてしまいがちなのが、今のところ特に風邪もひかない・・・
しかし風邪を引かないように嗽・手洗い・マスクを意識しているだけかも・・・
なんて色々と分からないことだらけですが、もうちょっと自分に負荷掛けて様子みます
てへぺろてへぺろ

さて、数年毎年ですが、新年から使えるように「名刺」のデザインを一新しています
昨年には、このようなご紹介にて途中経過をご案内しておりましたが、今年の名刺をお披露目をしたいと思います。

スキット名刺2017

こちらが今年度からスキット株式会社にて使わせてもらっている名刺です。

今年の「酉年」にあやかり「鳥」を表現してます。色は、春をイメージする「ウグイスの緑」を使っています。東京都知事の小池百合子氏もイメージカラーは緑色なので、スキット株式会社も今年の波に乗れるかもです。
また今回四角い名刺ではなく、鳥をより印象付けるために嘴から胸元をくり抜き加工を施しました。今回の材料は紙ではなく、厚手のPP素材を使っております。この素材は厚手で腰があるため角が手に当たるとちょっと痛いです。そのため角を丸く裁ち落として親切設計?と柔らかい雰囲気を出させています。現物は、この写真の数倍印象が良く感じてもらえるかと思いますので、営業や私と名刺交換の際には、どうぞご批判ください。

1年間大事に使わせてもらおうと思います。

※ウグイスの色について
私の子供の時には、「うぐいすパン」という物が販売されていました。今でも販売されているのだと思いますが、なかったらどうしよ・・・パンの中に緑色の餡子が入っているのです。そのためウグイスは、緑色と頭の中にすり込まれて覚えちゃっているのですが、実はこのウグイス本当は緑色ではない事をご存知でしょうか?実際は、灰色に近い茶色なのです・・・

それでは、あの緑色の鳥はなあに?となりますよね、私も含めて一般の方がイメージしている緑色は、「メジロ」なのだそうです。凄く活発な生き物の鳥で、ちょくちょくと人目にも付きやす居場所に出没します。しかし「ウグイス」の方が「ホーホケキョ」と綺麗な鳴き声を発するしイメージも良いですよね~

断裁機を増設しました!

おはようございます。
先日の日曜日には「断裁機」を増設しました。ただ週末にかけて天候があいにくの「大荒れ」だったので、日曜日は大丈夫なのかなぁと心配の毎日でしたが・・・
搬入の業者さんは大変だったかもしれませんけどね。

断裁機01

朝の8:30より開始で、搬入経路の確認と今使っている断裁機の移設場所の確認を終え、今から新しい断裁機の搬入が始まります。荷降ろしのタイミングでは雪や風も止んでちょっと安心しました。参考までに重量を聞いたら3.5トンだとか・・・それってこのユニックで大丈夫なのか?そんな事思いながらヒヤヒヤして見学してました。(9:30)

断裁機02

回転足の付いた「部品」に断裁機を降ろし、搬入口から引っ張ります。フォークリフトで引っ張っていましたが、足元が良くないのか重たいからか滑って順調には行かなかったようです。
(9:40)

断裁機03

搬入口前に設置したテーブルに断裁機を積み替える事ができました。ここからは、コンクリートでできた荷受け場に引っ張り込んで移動させるだけです。ここまで来ればもう安心です。(10:10)

断裁機04

設置予定場所にグイグイ引っ張り込んで、位置の最終確認を行います。
(10:20)

断裁機05

電気配線や部品を取り付けてテスト断裁を行って無事に設置完了しました。(12:00)

今回の新しい断裁機の特長は、間口が広いので幅広の物が断裁できること。
ということは、「ポケットフォルダー選挙ポスター圧着ハガキサンバイザー車両広告」を含めて特に大ロットの際に、今まで苦手としてきた(時間が掛かり過ぎていた)部分に改善が見込まれます。
手前の銀色に見えているテーブルが手前にも広く作られています。そのため紙をこのテーブルに乗せてクルクル回転させる事で作業性が良くなります。
またテーブルが他の断裁機に比べて50mm(5cm)ほど高い位置にあります。私のような身長のでかい人にとっては、体を屈める事が少なくて済むので負担が楽になるのです。

次の日の朝には、印刷製本部全員が、この断裁機の取扱い説明をメーカーさんから聞いていました。ちょっと驚きました。ずっと大事に使ってもらえたらと思います。
カナヘイうさぎカナヘイうさぎ

実はこの機械導入に至っても、国から100万弱の補助金をもらえる申請を行いました。
どんな企業でもどんな設備でも通るわけではなく条件もあるのですが、補助金がでる事を知らないと損するよなぁというのが正直な感想です。ありがたく頂戴したいと思います。実は、他にもお勧めの補助金があるんですよね・・・ちょっとその補助金を次狙って行こうと思います。

ひょっとすると、ダメですね・・・と砕け散るかもしれませんが、当たって砕けろということで。
申請が通れば、またご紹介したいと思います。
パンダパンダ