福井⇔勝山(ロードバイクにて)

こんにちは。
先週は東京マラソンでしたが、今週は今年初めての「バイク」乗ってきました。
だって昨日はもの凄い良い天気でしたよね~
自転車自転車

バイク170305

さぁて、今から勝山に向けて出発です。丁度お昼前です。いつもはサルのお尻のようなパンツを穿くのですが、下半身は、マラソンで走るスタイルと同じです。お尻はどうなるのか?

スキージャム勝山

車が少なめという事で、今回も九頭竜川の南側道路を走っていくと、スキージャム勝山が見えてきます。良い眺め!
目目

小舟渡にてえち鉄

途中の小舟渡駅では、えち鉄に遭遇して記念撮影です。
以外と電車は頻繁に遭遇します。奥さんが写り込んでいるのが気になりますが・・・

ジャム勝&恐竜博物館

さらに上流にあがっていくと、スキージャム勝山と恐竜博物館が見えてきます。
さて、今回の目的地はどこなんだろう・・・

なごや

みなさん「こちらのお店」どこか分かりますでしょうか?
う~ん 普段なら、ある意味ハードルが高くて入りにくいお店なのですが・・・
特長のあるお店で行ってみたかったのです。ちなみに、看板には、きしめん「なごや」と書かれています。お店の方はコテコテの勝山の方でした・・・

味噌カツ煮込みきしめん

このお店「なごや」では写真のような「味噌カツ」と「煮込みきしめん」を食べさせてくれるのです。福井では煮込みや味噌カツを食べれるお店も少ないし、それが勝山で食べれるなんて・・・
う~ん お昼前なので、ヨダレ出てきました。
ヨダレヨダレ

勝山大仏

味噌カツ食べて「まったり」もしてられません。時間は、すでに14時過ぎです。
急いで帰宅の時に付かなければいけません。寒くなるから。
自転車自転車

はや川

なんて言いながら、お菓子屋さんの「はや川」に寄り道です。
私と自転車にのると「食い道中」に走ってしまいますから逆に太るかもですね~

羽二重くるみ おまけ

お菓子を購入した際のおまけの「羽二重くるみ」をしっかりゲット!

20170305ライド19

19回目 今年初めてのバイク乗りにしては、意外と長い距離でした。
高低差や道路の走りにくさもあり平均速度もゆっくり目です・・・
ちなみに、おサルさんパンツ穿かなかったので、お尻もの凄く痛かったです。
ちゃんと、おサルさんパンツは穿きましょう!

はや川 羽二重くるみ

夜にティーブレイクで食べた「はや川の羽二重くるみ」
もの凄く美味しかったです。心地よい疲れと美味しいもの食べれてぐっすりと眠る事ができました。

おしまい。

なごや
福井県勝山市猪野口14-7 0779-88-4444

はや川
福井県勝山市旭町一丁目 400-2 0779-88-4744

勝山 「恐竜橋」まで ひとっ走り!

こんばんは。あ~さむいです・・・
ブルブルブルブル

今私がいる1階の机には、背中の壁に換気扇が設置されておりまして、その換気扇を伝って外気が「スースー」入ってくるのです。冬は寒い空気が夏は暑い空気が入ってくるという訳です。空気が入ってくるという事は、その分空気がどこかに流れているという事なので、この時期は特に「もったいない」なんていう「けっちい事」を気にするのは私だけでしょうね・・・

さて、先日の日曜日には、愛車を転がしてきました。
愛車と言っても「自転車」の方ですけどね・・・
自転車自転車

さて、今回は勝山向かって走り始めました!今回も出来るだけ車の邪魔にならないように道を選択。九頭竜川のサイクリングロードから勝山街道を経由して向かい始めました。行きは完全なアゲインストの風で非力な自転車には、かなりの体力消耗となります。相方は、30分も経つまもなく「休憩」とアピールしてきましたが、私は時間は運動したかったので途中で待つ事に相成りました・・・
キョロキョロキョロキョロ

上志比村

上志比村では、九頭竜川の水の落差を使って「水路式」発電を行っている市荒川発電所(関西電力)を間近で見てみたり・・・
オペラグラスオペラグラス

小舟渡駅

小舟渡の踏み切りからは、こんな風に撮影してみたり・・・
電車が来ないことを十分に確認しましたが、お勧めはしませんというか「踏切からでも」しちゃいけないと思います・・・
でも、しみじみとしていいなぁと感じたり・・・

勝山の看板

そんな事をしていると逆に相方に先を越されてキョロキョロしていると
いつの間にか「勝山市」に到着です。
おばけおばけ

白山へ

前回もこのたち位置からの構図で写真を撮りましたが、一番奥に白く雪を被ったのが「白山」で右にはチラッと「スキージャム勝山」で中央右側に森から銀色で顔を出しているのが「恐竜博物館」となります。ちょっと一服したいロケーションです。コーヒーでも飲めると楽しいでしょうね。
キョロキョロキョロキョロ

さて、目的の「恐竜橋」を目指します。

ふと、道路を走っていると・・・

なんと・・・

生ハムを吊っているのかな?と最初感じたのですが、

びっくりびっくり

しし肉

これって、「カモシカ」ではないだろうから「イノシシ」ですよね?
すげぇ・・・
いのししいのしし

こんな風に吊られているのは正直初めてみました。近くの山で仕留めてきたそうです。200kほどあるようです。でかっ!
まだ面白いのあるぞ?と言うのでおじ様について行ってみると・・・

こんどは、なんと!

くま

これって、「くま」ではないですか・・・

小熊のように見えましたが、小ぶりですが成熊だそうです。爪を触ってみましたが、鋭くとがっており危険な香りがしました。
この熊も近所で仕留めてきたそうです。勝山って恐ろしいなぁが正直な感想でした。
ブーフブーフ

恐竜橋

寄り道はしたものの目的地の「恐竜橋」に立ち寄って今年最後になるだろう「自転車」乗りを締めくくることができました。

それにしても、イノシシや熊が吊り下がった貴重な場面に遭遇できちょっと楽しかったです。

それでは、おやすみなさい。
三日月三日月

福井⇔勝山(ロードバイク)

皆さんこんばんは。今日のブログもこんな時間に・・・
えへへ…えへへ…

先日はお休みが日曜日だけ
だったら「ロードバイク」しかないですよね!
自転車自転車

方向としては勝山に行く事は何となく決めてはいたのですが、どこに寄ってみようかなぁ・・・迷ってました。親戚のお家に顔出ししようかとも思いましたが結果「平泉寺」に決めました。いざ出発!いつもの一張羅に先日モンベルで購入したアンダーを着込んで現地へ向かいました。(11:15)

自宅から、あまり込まなさそうな「たんぼ道」を選んで東に進んでいきます。福井県立大学の手前の福松大橋を渡ろうかと思ったら・・・

「そういえば自転車道路あるじゃない!」

ここからは、永平寺方面に向かって快適にロードバイクを走らせたのでした。
とはいっても、5~6キロでこの自転車道路も終着となるのですが。
※写真がなくて失礼します。

自転車道路も永平寺町松岡町の後松橋で終了です。
ここからは、勝山街道を使って勝山へ向かっていきます。この勝山街道は、子どもの時に親の車でよく通っていたので懐かしさを楽しんで走ってました。

にんにくで有名な「上志比村」を通り過ぎ、あえて山沿いの車の少なそうな道を進んでいきます。

img_3053

1時間はロードバイクを止めずに走ろうと思っていたので最初は写真を撮りっていませんでした。ここからやっと撮影が始まります(12:14)

小舟渡駅

えちぜん鉄道「小舟渡駅」です。昔は、小舟渡温泉という施設がありましたが、そんな雰囲気はまったく感じません・・・(12:15)

img_3180

法恩寺山に向かって撮影しています。うっすらではありますがスキージャム勝山も見えます。(12:21)

発坂駅

えちぜん鉄道「発坂駅」から丁度出発した模様です。
しっかり「パチリ」(12:25)
カメラカメラ

なんかお腹すいたなぁ・・・
ここまで来たら・・・

好太郎

「好太郎」に寄らないわけには行かないでしょ・・・(12:28)

img_3184

三味セットを注文しました。写真には見えていませんが、本わさびが最高に蕎麦と相性が良かったです(12:55)

さて、お腹もチャージした事で急いで「平泉寺」へ
ルパンルパン

平泉寺入り口

やっとの事で「平泉寺」に到着です。休憩時間を省いても1時間半掛かりました・・・ここからは、一方通行の道が続きます(13:30)

日本の道百選

実は今から通る道は「日本の道百選」にも選ばれているそうです。
初めて知りましたが・・・(13:34)

img_3187

日本の道百選に選ばれるだけあり、なかなか趣深いかも(13:37)

img_3188

「平泉寺」は苔で有名ですが、しっかり撮ってきました!(13:40)

img_3190

一方通行の道が終わると、駐車場があり本社に向かう階段が見えてきました。私もロードバイクをくくりつけて階段を登っていきます。(14:02)

平泉寺本社

平泉寺の拝殿です。1574年の一向一揆で全焼するまでは、ものすごい大きさ(幅80メートル超)だったようです。今の姿からは信じられませんでした。中央に「中宮平泉寺」と書かれた額がありますが、一品天眞親王というお偉い方?が書かれたそうです・・・(14:12)

img_3194

さらに上に向かうと「三之宮」があるそうですが、今回は時間の関係でここで帰宅する事にしました。(14:14)

img_3197

最後に見事な苔に囲まれている「拝殿」をぱちり!(14:16)

愛車茶々丸くん

くくりつけたままの愛車「黒丸君」で、急いで帰宅の途についたのでした(14:24)

img_3208

今回の走行距離は、64キロです。
感想として寒さが堪えました・・・いつもの一張羅に上だけ長袖のアンダーを着てましたが、下は短パンのみ・・・長ズボンのアンダーを履けば良かったのですが、駅伝で大学生が短パンだったので私もいけるかと勘違いしちゃいました・・・お陰で帰りは凍傷のように体が冷え両膝も痛くなり、二度とこのようなカッコはしまいと心に誓ったのでした。

ガーンガーン