Web発注特典実施中です!

おはようございます。
今日はあいにくの雨模様ですが、三連休の方も多かったのではないでしょうか?連休共に素晴らしいお天気だったのではないでしょうか?
私は、土曜日だけお付き合いのゴルフに参加させてもらい日曜日には、京都宇治で行った社員研修の決意表明の立ち合いと迎えに行ってきました。今日の営業内での朝礼でも話をしましたが、参加し経験や情報を得るという「入力」が目的になるのでは「勿体ない」です。いかに自分を変化(出力)させて行けるのかが最も大事だと思いました。また参加している私自身にも改めて「喝」が入ります。社員の本気を見て「こころ」打たれない経営者はいないでしょう。。もっと私も頑張らねばですね!

禅寺特訓道場20170318

「本気」で取り組みことって大事です!今回の参加者の「変化」に期待したいと思います。

スキット株式会社では、6つの専門店で成り立っております。

ポケットフォルダー専門店

紙製の資料を挟み込むのに便利な「ポケットフォルダー」の専門店。
昨年の2016年には、年間で748件のお客様から合計633,339部のご注文を頂けました。累計で3,113,000部の制作実績となりました。

選挙ポスター専門店

選挙の掲示用に貼られる「選挙ポスター」の専門店。
2015年の前半と後半に行われる春の統一地方選挙では、346件140,865部のご注文を頂けました。2年後にある次の統一地方選挙に向けて企画の充電です。

圧着DM専門店

そして、これからスキットを担っていく「圧着ハガキ」を中心とした圧着DMの専門店。2013年から2016年の4年間で、24,453,305部の圧着DMを制作させて頂きました。なかなかの実績でしょ?

ノベルティー専門店

地元のゆるキャラやイベントを盛上げてくれるオリジナルの「ノベルティー」を作る「ノベルティー制作専門店」。環境に優しい紙製のオリジナルノベルティーで手軽に短納期にて仕上がります。

封筒印刷専門店

仕事で利用していない会社はないのでは?「封筒印刷」の専門店です。
既成の封筒からの印刷や完全オリジナルのデザイン封筒もお洒落でお勧めです。

最後に、都心部では広告ツールとしては外せない「車両広告」の専門店。
電車内の広告は、どんどん動く電子メディアになってきていますが、アナログの広告メディアも外せない存在です。

その中で「選挙ポスター専門店」や「圧着DM専門店」で先に「Web特典」を導入を開始しております「会員登録」後に「キャンペーンコード」を入力すれば、割引が適用になるという「割引特典」を実施しますので★「hurry up!」★

選挙ポスター専門店の「会員登録コーナー」と「キャンペーンコードの使い方
圧着DM専門店の「会員登録コーナー」と「キャンペーンコードの使い方

他専門店でも、続々更新してまいりますので。。

断裁機を増設しました!

おはようございます。
先日の日曜日には「断裁機」を増設しました。ただ週末にかけて天候があいにくの「大荒れ」だったので、日曜日は大丈夫なのかなぁと心配の毎日でしたが・・・
搬入の業者さんは大変だったかもしれませんけどね。

断裁機01

朝の8:30より開始で、搬入経路の確認と今使っている断裁機の移設場所の確認を終え、今から新しい断裁機の搬入が始まります。荷降ろしのタイミングでは雪や風も止んでちょっと安心しました。参考までに重量を聞いたら3.5トンだとか・・・それってこのユニックで大丈夫なのか?そんな事思いながらヒヤヒヤして見学してました。(9:30)

断裁機02

回転足の付いた「部品」に断裁機を降ろし、搬入口から引っ張ります。フォークリフトで引っ張っていましたが、足元が良くないのか重たいからか滑って順調には行かなかったようです。
(9:40)

断裁機03

搬入口前に設置したテーブルに断裁機を積み替える事ができました。ここからは、コンクリートでできた荷受け場に引っ張り込んで移動させるだけです。ここまで来ればもう安心です。(10:10)

断裁機04

設置予定場所にグイグイ引っ張り込んで、位置の最終確認を行います。
(10:20)

断裁機05

電気配線や部品を取り付けてテスト断裁を行って無事に設置完了しました。(12:00)

今回の新しい断裁機の特長は、間口が広いので幅広の物が断裁できること。
ということは、「ポケットフォルダー選挙ポスター圧着ハガキサンバイザー車両広告」を含めて特に大ロットの際に、今まで苦手としてきた(時間が掛かり過ぎていた)部分に改善が見込まれます。
手前の銀色に見えているテーブルが手前にも広く作られています。そのため紙をこのテーブルに乗せてクルクル回転させる事で作業性が良くなります。
またテーブルが他の断裁機に比べて50mm(5cm)ほど高い位置にあります。私のような身長のでかい人にとっては、体を屈める事が少なくて済むので負担が楽になるのです。

次の日の朝には、印刷製本部全員が、この断裁機の取扱い説明をメーカーさんから聞いていました。ちょっと驚きました。ずっと大事に使ってもらえたらと思います。
カナヘイうさぎカナヘイうさぎ

実はこの機械導入に至っても、国から100万弱の補助金をもらえる申請を行いました。
どんな企業でもどんな設備でも通るわけではなく条件もあるのですが、補助金がでる事を知らないと損するよなぁというのが正直な感想です。ありがたく頂戴したいと思います。実は、他にもお勧めの補助金があるんですよね・・・ちょっとその補助金を次狙って行こうと思います。

ひょっとすると、ダメですね・・・と砕け散るかもしれませんが、当たって砕けろということで。
申請が通れば、またご紹介したいと思います。
パンダパンダ

中国語でのご案内です。

こんばんは。
この時間になるとお腹が空いてくるので、
ついつい「食べ物」についての創造の翼を広げてしまいます・・・
そういえば学生の時にも物凄い音でお腹を「ごぉごぉ」と鳴らし、クラスメートに笑われたのを思い出しました。30年以上も前の話で懐かしい限りです。
あんぐりうさぎあんぐりうさぎ

さて以前もご案内はさせてもらいましたが、10月20日から当社には、中国からインターン生が2名来ております。もう少しで2か月になろうかとしております。2名とも学生ではなく、社会人経験のある方です。一人は、家族がお店を経営しており宝石を販売している女性で、もう一人は大学で日本語を教えていた経験のある女性です。26日まで当社で仕事を行い、次の日の27には、東京/晴海にて発表会も控えているのです。

じつは、このインターンシップの事業は、国の事業という事もあり実は意外と細かく報告事項が山積みなのです。もちろん最後に発表するプレゼンテーションももちろんの事なのですが、二名の毎日の日報をクラウドにアップしないといけないのです。それも、「インターン生」の日報ではなく「受入れ企業」の日報を必要としているようで・・・毎日は逆に手間なので、土曜日にまとめて1週間分をアップするのですが、それもあと数週間で終わりになるわけです。

今回のインターン生の受け入れの目的(ゴール)としては、日本へ進出している中国企業との接点(問い合わせ・資料請求・受注)となっております。1か月でおおよそでスキットが行っている仕事を理解して、2か月目からは、実際にWebサポート部で仕事の対応を行ってもらっております。たまたまお客様が中国の方で会話に花を咲かせることもありましたが、あくまでも「インターン生」が行った活動から「新規」で「問い合わせ・資料請求・受注」をもらう事です。

その一歩として、スキットのメイン事業「ポケットフォルダー専門店」にて、「新着情報」の発信を行ってくれております。もちろんすべて「中国語」です。見て頂くと分かりますが、中国語が分からない私にすると・・・

はたまた、もう一人の中国人インターン生は、「ノベルティー制作専門店」でも「新着情報」の発信を行ってくれております。このページは、中国人の彼女が日本語で作ってくれて、末尾に少しだけ中国語で挨拶を入れてくれております。この内容を見て頂いても分かるようになかなかの日本語レベルなのです。

彼女たちも頑張って仕事してくれているので、何らかの結果がついてくると良いなぁと楽しみにしております。
おねがいおねがい