勤怠管理のテスト

おはようございます。
昨日から社内ではちょっと変わった事をテストし始めました。

勤怠テスト

社員の労働時間を管理する勤怠管理というものをどの会社も行っておりますが、「勤怠」という言葉はどのようなイメージありますか?

【勤怠】を辞書で調べるとこうあります
※仕事に励むことと怠けることと

「怠けること」というのが、イメージ良くはないですよね。確かに励んでいる人と怠けている人が居るのであれば、仕事に励んでいる人は評価しないといけないし、怠けている人は改善させなきゃね。そんな感じもしますが。

今回そんな励んでいる人怠けている人を管理しようといいう目的ではなく、事務所の負担軽減を目的にテストを始めました。

アナログで管理するのではなく、デジタル(クラウド)にて管理できるアプリケーションを使って携帯端末で入退室を行います。これは社員だけでなく、入退室の記録という事でお客様や取引企業様を記録で残すことも可能となるのです。いろいろと利用価値は広がっていくわけなのですが・・・

スキット勤怠管理

顔写真付きで、出社退社の記録が残せるので、なんか面白いです。
爆  笑爆  笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です